カタカムナ学校について

カタカムナ学校事務局

事務局長 吉野勝之(よしの かつゆき)

 私と妻信子(カタカムナ学校長)は、高校生の頃から50年以上も一緒に、この歴史と文化の香り高い北摂地域の高槻市と茨木市において人生の大半を過ごしました。昨年8月沖縄での「カタカムナ学校設立宣言」後、多くのみなさまのご支援をいただきながら、4月14日、この北摂地域においてカタカムナ学校を開校させていただくことができました。
開校式当日には、会場にお集まりいただきましたすべてのみなさまや会場内のすべてのことが、この日を待っていたかのように整っており、私の想像を遙かに超えたものとなりました。私自身はカタカムナのことをまだ深く理解していませんが、愛の溢れる平和な世界を実現するための新しい処方箋を世界に提示できる力がありそうだなと感じています。
私自身が長らく教育現場において追求してきた課題とも一致しています。これからは、これまでの経験を生かしながら、事務局長としてカタカムナ学校の活動を陰で支えていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

昭和27年 富山県生まれ
昭和51(1976)年 北海道大学農学部卒 在学中馬術部所属
昭和55(1980)年〜平成25 (2013)年 大阪府内公立中学校勤務
平成 8 (1996)年〜平成11 (1999)年 シドニー日本人学校勤務
趣味は郷土の史跡巡り、サイクリング、読書。辰年、天秤座、B型。

理事 伊地ヨン(いち よん)